電動昇降台・介護浴槽・プロダクトデザイン・・・・・インターライフ

共同開発募集

共同開発製品について・・・「課題名: コンパクト移動式入浴装置」

1.共同開発事業の背景

障害者福祉や高齢者介護の中で、入浴は高齢者の活力と入浴リハビリで自立を促す器材として最適ですが、入浴するまでに移動、脱衣、入浴清拭など大変な手間と労力が必要です。
そこで入浴介助する人は労力が解消する共に、介助を受ける方は安全に楽しく入浴できる器材の登場が切望されています。使用される範囲は在宅・施設における入浴サービスに重点を置き、女性でも扱い易いものにして広く普及することを目指しています。

2.移動式浴槽の概要

移動式浴槽(お湯タンク・排水タンク内臓)の各シーンのイメージ→給湯・移乗・足湯・全身浴
画像の説明

使用場面

移動してベッドサイドで                入浴室及び給湯室で
画像の説明

開発による実用化等の見通し

(1)開発開始から販売までの期間=最短で3ヶ月後
(2)想定市販価格(①角度可動浴槽タイプ50~60万円)(②貯蔵タンク付タイプ80~90万円) 
 ※特注仕様-対応可能製品
(3)類似する製品等について・・・・類似製品はありません
(※興味を持たれた方は、デザイン設計部門お問い合せください)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional